上の画像は完成時の写真です。


新車から7年程経過したブリリアントレッドのA4アバントの入庫。

当初は、













これやら













これとか













これなど、

とあるものに接触した際に
付いてしまったキズの修正で相談を受けました。

しかし、キズは運悪く、3パネルにも及び、さすがにブリリアントレッドの塗装となると、かなりのお値段になります。


そこで、提案したのが、磨き修正&タッチペイント。
再塗装のレベルには到底至りませんが、
少しでも目立たなくなればよいということで、その方向で仕上げることにしました。

オーナー様納得で目立たなくなりましたが、写真撮り忘れ…f^_^;




さて、キズ修正の相談とともに、
ブリリアントレッドの輝きは戻らないか?との相談も受け、全体磨きのご依頼も別途いただきました。

確かに…














シリカスケールまみれで、ツヤが無くなってきてる…














全体的にぎっしり固着してます^_^;
このまま放っておくと、アウディの水性硬質塗装でも、クリア剥がれで無惨な症状に陥ってしまいます。

今回の全体磨きは、よい機会だったと思います(^_-)














ボンネット半分を磨いた様子。
明らかにライトの映り込みが変わります!













マスキングを剥がしたらよく分かりますね。














最終仕上げをして、完成です!













ホイールも…
ドイツ車の経年車は、だいたいガチガチのブレーキダストにまみれてますね^_^;













前回のブログでの金属モール腐食の再生をもう一度。













初期段階では、かなり綺麗に再生できます。













ルーフレールも














全体が綺麗になっても、モールが腐食したままだと気になって仕方なくなります。

今回はコーティングのご依頼はなかったので、全体磨きだけで納車いたします。
ただ、何もしないのも申し訳ないので、
同業者様からサービスで頂いた保護剤を簡単に塗って納車させていただきました。













検証中です(^_-)
メンテナンス剤として、かなり使えそうです!


さて、全体磨き後の写真です。







































































































































これが本来のブリリアントレッドの発色です(^ー^)ノ













完成です(^.^)
別物に仕上がりましたね。
あきらかに発色オーラが違います☆
オーナー様にも喜んでいただけました!

この度は数ある施工店の中、当店のご指名誠にありがとうございました!