上の画像はコーティング施工後の写真です。


施工ブログの更新遅れてます…
頑張ります(`_´)ゞ



今回のコーティングのご依頼は、
かなりレアで貴重な一台の入庫。

アバルト 595の50周年記念モデルです!
なんと日本国内では、50台限定!!
その内の1台が岡山プレートであり、
当店へコーティングで入庫してることは
大変嬉しく思います。


しかし、とっても頭を悩ます事が
それは…















マット塗装……ヽ(´o`;
しかもホワイトパールのマット。

補修塗装のマットはコーティングしたことありますが、純正塗装のマットは初めて。

フィアット純正塗装だけに、かなり不安^_^;

一応、確認のためクォーツガラスコーティングの研修本部に、諸々ご教授いただきました。
お忙しい所、詳しい説明ありがとうございました!


























マットなんで、磨いたらツヤが出てしまうので、磨けませんが、一応興味とデータ取りのため、膜厚を測っときます。
200ミクロンオーバーと、かなりの厚み。













磨けないんで、どうやって下地処理するか…。
新車なんで、ダメージの固着もないし、
純水に僅かのクォーツ純正コンパウンドを混ぜ、クロスを使ったポリッシングでクリーニングしていくことにしました。













ピラーは磨けますので、綺麗にします。
おなじみの輸入車のピラーの傷…













新車らしく修正しておきましたよ!













サイドガラスのゴムモールが接する箇所は、土汚れが積もってます>_<













新車らしくなりました!













下地処理が終了し、一次脱脂→マスキングと進み、クォーツスタビライザーで2次脱脂し、クォーツガラスコーティングが定着しやすい状態にします。













スタビライザーも問題ないですね🎵
問題ないと、確認済みでしたが、ホッとしました。













なんとかここまでたどり着きました
(`_´)ゞ
いよいよ、クォーツガラスコーティング、吹き付け施工です。
マット塗装へのコーティング、まだまだ緊張しますねー。













特別なホイールにも、しっかりコーティング施工していきます。













吹き付け施工後は、セッティングタイムをとり、最終仕上げでポリッシングし、コーティング表面を整えていきます。

さて、完成写真集です。





























































ブレンボ!






















































































インテリアもかなりのインパクト!

























アバルト595の中では、最もハイパワーなエンジンです。
このコンパクトさで、このエンジン!
楽しいだろな〜(^.^)


























完成です!
なんとか終了できました。
マットなんで、コーティングのツヤは
全く発揮されませんが、
オーナー様もボディのスベスベ感は気づかれました。
当店にコーティングに出して良かったとのお言葉が嬉しかったです♪

オーナー様と、
コーティングされた595を眺めながら
1時間半くらい談話をしちゃいました(^-^)

よく聞くと、我が家の近くで商売されてるそう。
よく行く居酒屋のマスターともお友達みたいで、かなり勝手に親近感を持ってます(笑)
近所なんで、たまに595の状態をチェックしにいきますね(笑)


純正塗装でのマットは初めてで、かなり気使いましたが^_^;、バッチリコーティングできてよかっです。
非常によい経験にもなりましたね(`_´)ゞ

マットなんで、メンテナンスも一工夫必要ですが、精一杯、メンテナンスさせていただきますね!


この度は、数ある施工店の中、
当店のご指名、誠にありがとうございました!!