上の画像はコーティング施工後の写真です。


新車 現行Cクラスがクォーツガラスコーティング施工で入庫いたしました。
先日コーティング施工したミニJCWのオーナー様のご紹介(^.^)
施工にも気合いが入ります!


洗車後、まずはボディーチェックから。











新車Cの膜厚チェック。












トランクに妙な小さい傷の集合が>_<
見えますか?
おそらくドイツ本国での修正でしょうが…













なんとか目立たなくなってよかったです。












輸入車新車の定番、ピラーの傷…












修正しておきました。













左クォーターにも、怪しいギラつきが>_<












修正してスッキリ。













右ドアにも怪しいギラつき満載>_<
アフター写真取り忘れましたが、
こちらも修正しておきました。

輸入車は、新車といえども塗装の不具合は付き物です。
上記のように、不具合を修正し本来の新車の塗装品質を引き出します。












よく見ると、糊の付着⁈
ラップの糊でしょうか。
エンブレムの品格が台無しです。












これが新車のエンブレムです。













新車なんですが、早くも水抜き口による黒ずみ。
水洗いでは落ちないんですよね…













これが原因。
水滴にむき出しのこやつ(グリス)が混じるものだから、これが厄介なんです。
このむき出しグリスは新車の内に除去しておきましょう。













全体のグリスを除去しておきました。
しかし…まだまだ内部に溜まってるんです。
また現れたら、早めに除去していきたいものですね。

修正はこのくらいでしょうか。
後は、車全体をポリッシングし、コーティング可能な塗装表面を造り上げます。












不具合修正以外は、今回はPCSさんのクロス技法をチョイス。
研磨粉も出ないので、クリーンな磨きが行えます♪













全体を磨いた後は、一次脱脂→マスキングと行い、スタビライザー処理を行います。












スタビライザーでクォーツガラスコーティングが定着しやすい状態ができたら
いよいよクォーツガラスコーティング吹き付け施工です!












バンパー下部の塗装にもしっかり吹き付けます。













吹き付け施工後は、クォーツ専用仕上げ剤で全体をポリッシングしていきます。
施工途中、あまりの艶にうっとりです。


以下、クォーツガラスコーティング施工後の写真集です。


























































































































完成です(^ー^)ノ
オプシディアンブラックとクォーツガラスコーティングのコラボでウェットな艶がでています!
細かいところも綺麗にしていきましたので、これでこそ新車メルセデスですね。
気持ちよく乗り始めていただけると思います。

オーナー様、ブログの更新遅くなりすみません^^;やっとアップです。
また、K様にもよろしくお伝えくださいませ(-_^)


この度は数ある施工店の中、当店のご指名誠にありがとうございました、