上の画像はコーティング施工後の
太陽光の下でのショット!



26年式 の経年車 RC-Fの入庫です。
オーナー様は、今回中古車でご購入。
納車され、自宅のガレージに入れて、
照明で照らしたところ、
洗車傷だらけなのに愕然(゚o゚;;

ちなみに当店照明で照らしたら
こんな状態です。













雨じみ&浅いギズがモヤモヤと…













せっかくのレクサスの鮮やかなブルーなのに…













トランクも同じく。


当然、このようなダメージ状態から
コーティングは定着しませんので、
全体を磨いていきます。

今回は、3行程の磨きを施工。

以下、磨きビフォーアフターです。














































































































左ドア
照明はデビルビームを使用してます。












デビルビームでこの状態なら、
問題なしですね^ ^












ちなみにボンネットをデビルビームで照らしたら、より鮮明にギズが把握できてしまいます。

名前の通り、施工者にとっては悪魔ですね…^_^;












磨いた後は、デビルビームでも
この状態!!
元々の塗装状態によりますが、
これがガラスコーティング塗布前の基準ですよ^ ^













磨きが終了し、
脱脂でピュアな塗装面にした後、
いよいよコーティング作業です。

ホームページではまだ紹介できてませんが、
6月より、USC(ウルトラストロングコート)を正式採用いたしました。
このRC350が、USC当店第一号です!
素晴らしいツヤ感!
カルナバ配合の完全無機質ガラスコーティングで、愛車の塗装をバッチリ保護します^ ^

以下、USCコーティング施工後の
写真集です。
























































































































屋外での確認。




































凄いツヤです!


































































完成!
繊細に磨き上げられた
ヒートブルーコントラストレイヤリングのボディにUSCコーティングが冴え渡ります^ ^
USC、凄いツヤです!
採用してよかったー♪

この度は数ある施工店の中、
当店のご指名誠にありがとうございました!


ハマバン
1級コーティング技能研磨士
徳田史郎