新車を販売店で購入する際、
必ずボディーコーティングのオプションをセールスされると思います。

販売店経由だから安心!と考えていませんでしょうか?

残念ながら、今回のケースのように
コーティング専門店で第3者的に新車をチェックして初めて

「購入した新車の塗装状態」

が分かるケースがあります。

オーナー様が
販売店で新車納車され
早い段階で当店に
お持ち込みいただいただき直後の
塗装状態をご覧下さい。

























































カメラでは非常に写し難いのですが、
スポットライトの周りに
小さなシミが見えませんか?

このシミがボンネットとルーフに無数に発生してしまっております。

オーナー様へ車が渡り、
短時間で
当店へすぐに入庫になった事からも

「この症状が残されたままオーナー様に納車になった」

と言えます。



当店で磨けば消す事もできたでしょう。
しかし、

「磨く = 塗装を薄くする」

という事です。

新車の塗装保証という観点からも、
今回は販売店にチェックしてもらい
販売店の方で対処する事で決着しました。

オーナー様は販売店の照明では
気づかなかった…
と悔しがられてました。

今回は当店に入庫し、
専門的なチェックを行った事で、

「真の塗装状態が確認できた」

事になります。

新車と言えども
生産完了から、販売店に到着するまで、
塗装にダメージを与える様々な外的要因を受けます。

今回のケースのように、その外的要因によるダメージが見逃されオーナー様の元へ納車されるケースも少なくないのが現状です。

オーナー様も、

「今回はハマバンさんに頼んでよかった」

との声もいただきました。

せっかくの新車です。
もしコーティングをお考えなら、
専門店で新車の塗装をチェックしてもらい

「新車をより新車らしく」

して乗り始めましょう!^ ^



<余談>

今回、販売店は自社の磨きで対処。
膜厚もさほど薄くなってないので
当店とオーナー様ともOKを出しました。

しかし、シミが取れたのはいいが…


























見事に磨き傷のオーロラマークが残ってました(^^;

このオーロラマークは
当店でバッチリ修正しておきました。













技術的な点からも
コーティングは
やはり専門店に依頼する事を
おすすめいたします!




ハマバン 店主
1級コーティング技能研磨士
徳田史郎